【銅版画の作り方 下準備編 その①】下絵は鏡みたいに反転して描く?

下絵を版に写していく

おまつ
ついに銅版画デビュー最初の絵を考えて描いてきたよ!
ワンコ先生
どれどれ見せてごらん。
おまつ
はいこれ

ワンコ先生
うまっ・・・
びっくりした。
おまつ
どうかな?
ワンコ先生
うん、すごく良いと思うよ!
ってことは出来上がりはこの絵が反転した形になるけどそれでいいんだよね?
おまつ
うん?えーー!なんだってー!

銅版画は絵が反転します

おまつ
そうか。
ハンコと同じ原理だもんね。すっかり忘れてたよ、えー今から描き直すの大変だよ。
何か方法ないの?
ワンコ先生
あるよ
おまつ
ホッ・・・

【銅版画の作り方 実践編 その①】銅版画の刷り方

2019年5月28日

トレーシングペーパーに下絵を写す

用意するもの
・下絵
・トレーシングペーパー
・マスキングテープ(なければセロテープ)
・鉛筆

下絵、トレーシングペーパーの順に重ねてマスキングテープで固定します。セロテープよりも粘着力が弱いマスキングテープの方が剥がす時に紙を痛めないのでオススメです。重ねたら鉛筆でなぞっていきます。描ければ鉛筆でなくてもボールペンでもなんでもOK。

これで両面透けるので反転して版に写すことができます。

ワンコ先生
トレーシングペーパーに写すことが出来たら、次はこの絵を版に写していくよ

カーボン紙を使って版に写す


用意するもの
・下絵を写したトレーシングペーパー
・カーボン紙
・マスキングテープ(なければセロテープ)
・ボールペンやH形の硬めの鉛筆

下絵を写したトレーシングペーパー、カーボン紙、版の順に重ねてマスキングテープで固定します。
この時、注意しなければいけないのは下絵を写したトレーシングペーパーを逆にして設置することです。

重ねたらH系の硬めの鉛筆でなぞっていきます。硬めの鉛筆やボールペンの方がしっかりと写すことができます。

完成!
これで反転して下絵を描くことが出来ました

おまつ
描いた絵がちゃんと反転できてよかったー

まとめ

慣れるまで完成図が反転することを忘れがちになってしまうので、今回の転写方法で版に下絵を写していくと簡単にできるのでオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です