スマホの写真をチェキ風に現像できるって!? 楽しすぎるプリンター instax mini Link

スマホの写真をチェキ風に現像できるって!? 楽しすぎるプリンター instax mini Link

最近私がハマっているこちらのinstax mini Linkがとても画期的で楽しかったので紹介していきたいと思います。特に私のように絵を描いたり写真を撮る人にはオススメです!

この商品一体何なのかというとスマホで撮った写真や画像をチェキの紙に印刷できるというもの。
チェキも時代と共に進化しているんだなとただただ驚くばかりです。

私の場合スマホで撮った写真をプリントするというよりも描いたイラストをチェキで出力できたら面白いかもと思ったので購入をすることに。

instax mini Linkとチェキの大きな違い

カメラではなくプリンター

購入の際に決め手となったのがスマホで撮った写真を印刷できるから。

チェキといえばインスタントカメラというジャンルを牽引してきた商品といっても過言ではない唯一無二の商品。スマホで写真を撮ることが当り前になってきた現代においては、もしかしたら「チェキって何?」という人も多いかもしれないですよね。

チェキを使ったことがある人は分かると思うのですが、チェキって結構重たいし厚みがあってかさばるんですよね。。今やスマホで簡単に写真が撮れるのにさらにチェキを持ち歩いてまで写真を撮ろうとはならないかな。というのが私の正直な感想でした。そこでこちらのプリンターはスマホで撮った写真をチェキの紙に出力できるので、チェキを家で飾りたいという人にはオススメです!

しかもチェキよりも軽いので出先でもそこまで荷物になりません。

使い方

アプリから印刷できる

本体にフィルムをセットしたらスマホにinstax mini Link専用のアプリを入れ、instax mini Linkの本体の真ん中のボタンを長押しするとスマホと接続されます。

通常のシンプルプリントモードに加え、オリジナルのフレームや複数人で一つの写真を作れるパーティーモードなど機能も盛り沢山です!
あとはアプリに従ってスマホのアルバムから好きな写真を選びプリントしていきます。

色味や明るさ調整もアプリで簡単!

写真の色味や明るさの調節もアプリ上でできるのでわざわざ写真加工ソフトを介さなくていいのが便利ですね。

プリントボタンを押すと、こんな感じで紙が上から出てきますのでこのままの状態で写真が現像されるのを待ちます。
この現像を待っている時間がチェキならではの楽しさですよね!

1分ほど待ったらジワジワと写真が浮かび上がってきました。
現像されてすぐは写真の色味が薄いですが、時間が経つとしっかりとした色味になりますので気長に待ちましょう。

現像したら飾ってみる

マステで壁に飾る

チェキの良いところは何といってもそのまま壁に貼って飾れること。わざわざフォトフレームを買わなくてもそのままマステでペタッと壁に貼って飾ることができます。

オリジナルのスマホケースに早変わり!

クリアタイプのスマホケースならこんな感じでスマホとケースの間にチェキを挟み込んでオリジナルのスマホケースにすることも。
推しの写真を入れるもよし、ペットの写真を入れるもよし。汎用性が高くて飽きっぽい私には最高です!

少し残念な点

コスパが悪い

これはチェキ全般に言えるのですが、こちらのチェキ専用の用紙が高い。一枚あたり70〜100円程なので写真のプリントでいえば1枚6円や8円〜のネットプリントの方がはるかにコスパは良いです。ですが、このチェキのこのなんとも言えないノスタルジックな感じだったりその場で印刷できて、すぐに渡せるという点はチェキだからこそできる技ですね。

まとめ

今回はこちらのinstax miniを紹介しました。私ようにイラストを描く人はこのプリンターが一台あるとより楽しめるのでオススメです!

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)