【銅版画 作品 】探し続けて

探し続けて、彷徨っている感じをイメージして制作しました。
頭の中にあるモヤモヤをそのまま作品にしたって感じで、何も考えないで手が動くままに描くのが楽しいです。

使った技法

今回はエッチングとスピットバイトを使って制作しました。
スピットバイトは版に腐食液で直接描いていくのでその時の筆の動きで味わいが変わっていくところがこの技法の面白いところかなと思います。

製作時間 480分

【銅版画の作り方 技法 その①】銅版画の基本エッチング(etching)と腐食をやってみよう!

2019年9月23日

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です