インテリアにおすすめ!部屋をオシャレに飾れるキャンバスプリント ウォールアートの作り方

インスタみたいに作品を飾りたい

インスタで作品をアップしていたら、ふと「この正方形の感じってなんかオシャレだな。。」と思い、「そうだ、キャンバスプリントでウォールアートにして飾ろう!」と制作することに。

キャンバスプリントとは

キャンバスプリントとは、その名の通りなのですが、キャンバス生地に写真をプリントすることです。これにより、額に入れて絵を飾るよりもカジュアルでより、インテリアっぽく部屋に飾ることができます。また、キャンバスプリントは紙とは違い布地へのプリントとなるため、梅雨などの湿気の多い時期などにも紙に比べて、しわになりにくいメリットもあります。

キャンバスプリント 印刷業者はどこがいいか?

今回はデジタルで制作したので業者に印刷してもらいます。そのためにまずは業者探しから。一般の方だとここの業者選びで挫折する方もかなりいるかと思います。何せこの作業が一番めんどくさいですからね。しかし、デザイナーをしていた私はここの印刷業者選定にはかなり自信があります。何せ死ぬほどやりましたから笑。値段とクオリティ、納期など色々と総合して私の一押しはこちらです!

FUJIFILM WALL DECOR(ウォールデコ)

FUJIFILM WALL DECOR(ウォールデコ)です。こちらのサイトをご覧いただくと分かるのですが、印刷のクオリティがかなり高いです。そして、値段もそこまで高くない。(種類にもよるのですが最少サイズ2,500円〜)厳密に言うと決して安くはないのですが、セット割りや割引きクーポンを使うことでかなり安く注文することができます。

こちら本来ですと、送料が610円かかるのですが2枚以上の購入で送料が0円になります。また、セブンイレブンや写真専門店での受け取りなら送料は常に0円なので1枚だけの注文の方もセブンイレブン受け取りなら送料もかからないし、全国どこにでもあるのでありがたいですね。

入稿もとても簡単!

画像をアップロードするだけ

本来入稿をする際、印刷用の形式に変換したり色味の調節したりと、やらなければいけないルールがあり、印刷の知識だったり画像加工のスキルが必要になります。なので、私のようにデザイナーという仕事をしていないと、一般の人が入稿作業を行うのはなかなか難しいしと思います。

ですが、なんとこちらは、ただただ撮った写真や画像をアップロードするだけで入稿が出来てしまします。私はパソコンで作業しましたが、もちろんスマホでも出来ます!また、色味の調整もインスタみたにフィルターを選ぶだけなので簡単!便利な時代になったなぁ。。

入稿もあっという間にできてしまったので商品が届くまでワクワクしながら待つことに。この待ってる時間も結構良いですよね笑。

商品が届いたので早速飾ってみました!

壁に並べてインスタみたいに

インスタみたいに飾りたいという私の願望を叶えてくれました!

そして、なんといっても可愛い〜!!今回は3つほど注文をしました。サイズも何種類かあり、一番小さい180 ×180mmの最小サイズだったので、一つで飾るには少し寂しいサイズですが、こうして何枚か並べて飾るにはとても丁度良いサイズ感かなと思います。

また、作品自体が小さくてとても軽量なので100均などで売っているプッシュピンや、画鋲一つで作品を飾ることができます。壁に穴が開くのに抵抗がある方は、私もよくやるのですが、練りゴムでくっ付けたりしています。あとは、壁に立て掛けるだけでもオシャレに飾れます。

それにしても予想以上の出来栄えに感動です!!

サイドもしっかり釘で固定

人によってはサイドにも印刷ができて、後ろでホッチキス留めの方がいい!という方もいますが私は断然サイドで釘打ちの方が好きです。釘打ちの方がかっこいい気がします。これは個人の好みですが。。

サイドも釘でしっかりと布が張られていますので布が寄れたりすることもありません。

まとめ

今回はキャンバスプリントについてご紹介しました。
デジタルで制作した作品はいつも画面越しで観て終わることが多かったのですが実際に手元に一つの作品として飾れるのは予想以上に嬉しかったです!部屋のインテリアにウォールアートをお探しの方は、是非、自分のお気に入りの作品や、写真などを飾ってみるのも良いかと思います。オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です