作業の効率化を図りたいならピクミンをプレイして欲しい話

作業の効率化を図りたいならピクミンをプレイして欲しい話

任天堂スイッチから発売されているピクミン3デラックスを初めてプレイして、思っていたよりも大人向けで尚且つ深い。。と思ったので紹介します。

ピクミンというゲームの存在はもちろん知っていて、小学生の時に友達の家でゲームキューブで遊んでいたのを隣で見ていた記憶がありました。ですが、パッっと見で私にはあんまり好きじゃないゲームだなと思っていたので、全く興味がなく、今日の今日まで遊んできませんでした。

ですが、スイッチでピクミン3が発売されたことを知って「3が出るって相当人気な証拠では。。これは一回、どんなものかやっておく必要があるな。。」と早速プレイしてみることに。

購入前のピクミンの印象

CMの映像や、スマブラに出てくるオリマーをみた感想。

引っこ抜いた植物を敵にぶつけてやっつていくゲーム。ただ、これはピクミンの表面上の部分でしかありませんでした。

本当はこんなゲームだよ、ピクミンの特徴

マルチタスクの能力が問われる大人向けのゲーム

一見、可愛らしいのほほんとしたキャラクターを操作するアクションゲームかと思っていたら大間違い。
簡単にいうと、制限時間内に各キャラクターを手分けして目的地まで操作し、その道中に出てくる敵をやっつけたり宝物を回収したりするゲーム。

これだけ聞くと、よくあるゲームの内容では、と思うかもしれませんが、まず、各キャラクターごとに目的が違い、一人ずつ目的地までの道順をマップに沿って指示します。キャラクターの移動は基本的にはオートなのですが、キャラクターが3人の時は三箇所に配置し、矢印で指示を出します。

一人は、電気に強いピクミンで電流に囲まれた扉を開けに行き、もう一人は水中に強いピクミンで水の中の宝物を運び、もう一人は火の敵を倒し、その間に羽の生えたピクミンを引っこ抜きに行ったりと、指示することが多すぎて、てんやわんやになります。

まるで、マルチタスクで仕事をこなしていく社会人の一日をゲームにした感じです。。

なので、始めた頃は、一人に集中しすぎてしまって他の二人に指示するのを忘れてしまい、ほったらかしでタイムオーバー。指示は出来たけど、ピクミンが敵に食べられて数が足りなくてタイムオーバー。

「これ、無理だわ。全然出来ない。。」

思っていたよりもかなり複雑で難しく、マルチタスク能力を要求されるゲームであることが分かりました。これは奥が深い。。

ピクミンが敵に食べられるのが辛すぎる

プレイしていると、トコトコと後からついてくるピクミンたちがなんとも可愛いらしく、「可愛いなぁ〜癒されるな〜」なんて呟いていたら、

その時は突然やってきました。。

ちょっと目を離した隙に、さっきまで後を健気についてきていたピクミンたちが食われとる!!

「いやーやめてー!!」と半泣きで逃げ帰るもかなりのピクミンが食べられてしまい、呆然。。食物連鎖の厳しさを思い知ることに。ピクミンが捕食されている動きがやたらリアルで、本当に悲しくなります。初日は、これで結構へこみます。

ピクミンのお気に入りポイント

ピクミンたちとの写真撮影が楽しい

冒険以外にも、ピクミンたちと写真を撮ることができます。普段は私の後をついてくる働き者ですが、指示を出さないで放置しているとこんな感じで座ってくつろいでいたり、寝転んでいたりと、色々な表情が見えて、観察しているだけでも楽しいです。

ちなみに私の推しピクミンはこの黒い色の岩ピクミンです。岩ピクミンは名前の通り岩でできているのでとても硬いので、直接ぶつけて硬い鉱石を砕いたり、敵にダメージを与えることができます。重そうに歩いている姿が可愛いです。

まとめ

思っていたよりもかなり頭を使う大人向けのゲームで、普段の自分の作業スケジュールをいかに無駄なく、こなしていくかの練習にもなるゲームだと思いました。複数のことを一度に行わなければいけない情報処理能力と、瞬間的な決断力、そして適材適所でピクミンを配置しないといけないので、慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、かなりハマってしまうやり込み要素が満点のゲームです。

気になる方は、体験版を無料ダウンロードできるので、まずはそちらで遊でみるのがおすすめです!

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)