銅版画の道具をついに購入! フランスの職人さんが作る Matthieu Coulanges(マシュー クーランジュ)

銅版画の道具をついに購入! フランスの職人さんが作る Matthieu Coulanges(マシュー クーランジュ)

私が銅版画を本格的に始めてかれこれ3年が経とうとしています。「なんかあっという間だったなぁ〜」としみじみしていると、ふとあることに気がつきました。

自分の銅版画の道具を持っていないなと。

そろそろ道具を買って揃えようかなと思い始めていたのですが、実際に文房堂などで道具を見てみても何故だか自分にはこれじゃないなという思いがあり、なかなか購入にまでいたりませんでした。ですが、かといって銅版画の道具には他に種類もないので、ここで買うのか買わないのかの二択しかありません。

銅版画の道具を揃えるなら絶対にオススメ!画材屋 文房堂

なので、自分にしっくり来るものが見つかるまでは工房にある道具を借りて制作することに。別に、買わなくても工房の道具で事足りるのですが、本格的に制作しているのならマイ道具が欲しいなぁと。。

そんなある日、運命的な出会いは突然やってきました。
ある日、いつものようにインスタで情報収集をしていると、、、

「何これすごい。。」

インスタで運命の出会い

 

とある海外の銅版画の道具職人の方のインスタを発見しました。そこには普段私が使っている道具とは形が異なる道具がいくつも並んでいました。

「何これ、どうやって使うんだろう?」「この道具を使ったらどんな作品ができるんだろう」という試してみたいという思いで私の頭はいっぱいに。これは買うしかないな。

フランスのサイトから早速購入

気になりすぎて夜も眠れないので、早速サイトから購入することに。

http://matthieucoulanges.fr/boutique/en/

ただ、こちらのサイト実際に見ると分かるのですが、全てフランス語表記です。言語切り替えは英語かフランス語。何が書いてあるのか全くわかりませんが、写真とGoogle翻訳と、英語が喋れる旦那に教えてもらいながら無事購入することができました。ユーロで買ったのなんて初めてだ笑。

今回は海外サイトでの初購入ということで、「海外のサイトだけど本当に買っても安全なのか?」と思われる方も多いと思うので私が購入までに至った信頼できると思った点をいくつかまとめますので参考までにどうぞ。

海外サイトだけど、私が信頼できるなと思った点

レビューが良かった

レビューはサクラがいるから鵜呑みにするな!と言っていた私ですが、色々な国の人がレビューを書いていて、実際にインスタなどで検索したりしてその人が使っている写真などがあったりしたのでこれは本物だ!と確信しました。

レスポンスが早い

これは一番大事だと思います。まずは、購入前に軽く質問のメールをし、しっかりと返信してくれるか様子を見ます。今回は、「日本から購入なんだけど、日本にも商品は届けてくれる?」と聞いたところ。「OK!大丈夫だよ!」とその日中にすぐに返信がありました。これは信用できる!なんならそこらへんのヤフオクへ出店してる怪しい店舗よりもしっかりしてるなという印象です。

逐一進捗情報を連絡してくれる

こちらの会社、とても良心的で私が商品を購入したのがクリスマス頃だったのですが、「クリスマスは休暇に入るから注文するなら少し早めが良いいよ!」と、とても気さくにメールで進捗情報を教えてくれました。

外国の人とのやり取りをあまりしたことがない人が海外サイトで購入するのは国内で購入することよりも、勇気がいることだと思います。「注文しても商品が届かなかったらどうしよう?」「商品が欠陥品だったら返品、返金は出来るのか?」などなど。お金を払ってからトラブルにならないように些細なことでも気になることはまずは、メールをしてみて相手としっかりとコミュニケーションが取れるのかどうかを確認してください。

ついに届いた!銅版画道具 開封の儀

早速箱を開けると、可愛らしい巾着の袋に入った道具一式とメッセージカードが入っていました。

メッセージカードには、「この道具で素敵な作品を作ってね!」と書いてありました。嬉しいですね、こういう心遣いいが本当に素敵ですよね!頑張ってたくさん作ります!!

実際に使ってみて良かった点

先端の着脱が出来る

この道具の最大の特徴ともいえる、先端の着脱。これにより、普段ですとルーレットのヤスリの粗さや、ニードルの太さごとに一本一本、道具を揃えないといけないのですが、こちらは柄の部分は一本で、先端部分を変えることで色々な表現が可能になります。

ちなみに、日本でよく見かけるのはこのタイプがほとんどで、こちらは先端部分が固定なのでヤスリの粗さやサイズ別に購入しないといけません。

鉛筆で描いたみたいに描画することができる

これは使ったことがある人ではないとなかなか伝わりにくいのですが、先端が鉛筆、シャーペンのように先端がつぼんでいるのでとても描きやすいです。
▼使い心地はこんな感じです▼

まとめ

今のところの使用感は控えめに言って、「最高です!!」ありそうでなかった画期的な銅版画の道具だと思いました。インスタをやっていなかったら多分、知ることはなかったと思うのでSNSの凄さを改めて実感しました。

こちらの道具の使用感、細かい特徴などは追々、紹介していければと思います。

まるで針のように細い 極細のエッチングに挑戦!

描き心地が滑らかで彫りやすい! ダイヤモンドニードル

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)