銅版画でよく使う言葉 直接技法と間接技法の違いって何?

銅版画でよく使う言葉 直接技法と間接技法の違いって何?
egasuki
今日は直接技法と間接技法の違いについてだよ。
egasuki
銅版画でよく使う言葉だよね。聞いたことあるけど、なんだっけ?
egasuki
簡単にまとめると腐食するかしないかってことだよ。
egasuki
ほほーん

直接技法とは

直接技法とは、ニードルなどの工具を使い銅板を直接引っかいて溝を彫る方法です。この方法は彫る時の力加減で、線の濃さが変わってくるので鉛筆で絵を描く方法に、とても似ています。

なので、初めて銅版画をやってみたい人に向いている技法です。また、腐食する必要がないので家でも趣味として始められやすいです。

間接技法とは

それに対して間接技法とは腐食液などに浸し、間接的に銅版を腐食して彫る方法です。こちらの技法は、腐食液に漬けた時間の長さで色の濃淡を表現します。なので、彫るというよりは理科の実験のように、腐食時間の長さで、どのくらいの色の濃さが出るのかを何回も繰り返して自分の好みの作品を作る必要があります。

その為、意図しなかった色味になったりすることがあるので、偶発的な部分を楽しめる人には向いている技法だと思います。

【銅版画の作り方 技法 その1】銅版画の基本エッチング(etching)と腐食をやってみよう!

egasuki
なるほど、そういうことか!
egasuki
各技法ごとに、直接技法か間接技法かまとめてみたよ。

直接技法を使った技法

ドライポイント(drypoint)

【銅版画の作り方 技法 その7】描いた線が「にじむ?」ドライポイント(drypoint) で作ってみよう

メゾチント

【銅版画の作り方 技法 その11】深い黒色が魅力的!メゾチント(mezzotint) で作ってみよう

エングレーヴィング

エングレーヴィングは三角刃のような道具を用いて直接描いた技法です。

間接技法を使った技法

エッチング (etching)

【銅版画の作り方 技法 その1】銅版画の基本エッチング(etching)と腐食をやってみよう!

スピットバイト (spit bite)

【銅版画の作り方 技法 その4】淡い濃淡が綺麗に描ける!スピットバイト (spit bite) で作ってみよう

アクアチント (aquatint)

【銅版画の作り方 技法 その6】面で濃淡を出す!アクアチント(aquatint) で作ってみよう

ソープグランドエッチング(soap ground etching)

【銅版画の作り方 技法 その8】石鹸を使った技法って何?不思議な表情になるソープグランドエッチング(soap ground etching)

カーボランダム

【銅版画の作り方 技法 その9】描いたところが浮き上がる!?リフトグランドエッチング(lift ground etching) で作ってみよう

シュガーチント

【銅版画の作り方 技法 その13】砂糖を使ったシュガーチント(sugar aquatint)で作ってみよう

まとめ

egasuki
作っている時はあんまり気にしていなかったけどこうやってみると作り方が分かれるんだなって思って参考になったよ。
egasuki
確かに、普段からそこまで直接技法か間接技法か区別して作っているわけじゃないけど、なんとなくでも知っておくと勉強になるよね。
銅版画でよく使う言葉 直接技法と間接技法の違いって何?
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
銅版画でよく使う言葉 直接技法と間接技法の違いって何?
コメント0
CATEGORY :

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)